ステンレスワークトップ論


人造大理石ワークトップのシステムキッチンも、
もちろん綺麗ですし魅力的です。。
しかしながら、ヘアライン仕上げのステンレスワークトップのキッチンの美しさは
例えるなら何でしょうか??
これは次の特集までに考えときますので、宜しくお願いします。。

b0082242_21573440.jpg
b0082242_21574596.jpg


強度が強いため、成形や曲げ加工が難しいステンレス。EIDAIの熟練した技術者たちが長年培った技術
により、ワークトップの一体溶接仕上げやレイヤードシンク(Zシンク)のシャープな形状を可能にしました。
それは、まるでプロの厨房を思わせるシャープな質感、高度なクオリティ。素材の良さと優れた技術から、
理想のキッチンが生まれます。


b0082242_21575735.jpg


と言うわけで、永大産業社のそれは一見地味ですが、中々美しい仕上げが魅力です。
現在プラニング中の「PH提案型建売モデル住宅」での採用候補として
この数日、自分の中で急上昇してきました。プランボードが出来ましたらまたご紹介させて頂きます。^^

                 by yuuki yakushijin
[PR]
トラックバックURL : http://nanyo.exblog.jp/tb/15377828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanyotoshikaihatu | 2011-04-27 21:56 | あれこれ日記 | Trackback | Comments(0)

ここに記されるのはブログというよりも、「23時のBLUES」です。(笑)


by nanyotoshikaihatu
プロフィールを見る
画像一覧